お金を借りようと思ったときに連想するのがカードローンです。しかしもう一つ比較的簡単にお金を借り入れできる方法があります。それはクレジットカードのキャッシング枠です。多くのクレジットカードには、ショッピングの利用で使える枠以外に、お金を借り入れすることができるキャッシング枠というものが存在しています。

しかしクレジットカードのキャッシング枠を利用したことがないという人も多いでしょう。一般的なカードローンと、クレジットカードのキャッシング枠にはどんな違いがあるのでしょうか。

クレジットカードとカードローンの違い

カードローンとは、カードを発行した上でキャッシングを利用することができるものです。消費者金融といわれることもありますが、消費者金融の場合は銀行に直接お金が振り込まれる場合もあります。カードローンは消費者金融のようにお金を借り入れすることができますが、カードを利用してローンを組むことができる、お金の借り入れをすることが出来る、ATM経由で引き落としがしやすいなどがメリットです。

一方クレジットカードは、キャッシングよりもショッピング枠のために登録をする人のほうが多いはずです。お買い物をするときに一度カード会社に支払いをお願いし、後から利用分をカード会社に支払う形となります。現金を持ち歩かなくていい、通販などの買い物を円滑に行えるなどのメリットがあります。そんなクレジットカードにはショッピング枠と違いキャッシング枠がついているものも多く、キャッシングの利用ができるんです。

基本的に、クレジットカードのほうがカードローンの審査よりも厳しいといわれています。クレジットカードのほうが利用者が多い、さまざまな利用をすることが出来るというメリットがあることから審査が厳しいのでしょう。 一方カードローンは現金を借り入れすることしかできません。しかし現金が手元にあるということはさまざまな使い方をすることが出来ます。

一番の違いは方式

クレジットカードは割賦販売法です。ショッピング代金などを後から支払う、キャッシングに関しても一度クレジットカード会社から借りて返済をするという形になります。 一方カードローンは、現金をそのまま借りるという商法です。これは貸金業法と呼ばれていて、いわゆる消費者金融ということになります。

クレジットカードキャッシング枠のほうが気軽という印象がありますが、実はカードローンのほうが審査も甘く、借りやすいというメリットがあるのです。